sp_mainvisual.png
SPACE PORT JAPAN

© 2020 canaria, dentsu, noiz, Space Port Japan Association.

 
BACKGROUND

Space Port Japan 設立の背景

新興宇宙企業などNewSpaceの盛り上がりにより、宇宙産業は年々拡大しており、

産業の規模は現在の約40兆円から30年後には100兆円を超えるとも言われています。

その中でも、米国を中心に宇宙旅行ビジネスが立ち上がりつつあり、

今後巨大マーケットへと成長する可能性が高まっています。

このような中、宇宙先進国である日本にアジア初のスペースポートを作り、

日本を宇宙旅行ビジネスの拠点とすることは、

今後の宇宙産業及び関連産業の発展にとって非常に重要な意味を持ちます。

With the emergence of NewSpace, the space industry has been expanding on a yearly basis,

and is expected to grow in scale from around 40 trillion yen

at present to more than 100 trillion yen over the next 30 years.

The space travel business is also getting off the ground, particularly in the United States,

and it is becoming likelier that it will develop into an enormous market in the future.

Among this, the positioning of Japan, a space development leader that will see the creation of Asia’s first spaceport,

as a space travel business hub will be of huge significance

for the future development of the space and related industries.

日本がアジアにおける宇宙旅行ビジネスのハブになることを目指します

Space Port Japan は、日本にいち早くスペースポートを開港すべく、国内外の関連企業や団体、政府機関等と連携していきます。

また、スペースポートから離陸するスペースプレーン・有人ロケットなどの開発・運用を行う企業との連携や、

宇宙とはこれまで接点がなかった業界の巻き込みも推進していきます。

SPJ will be collaborating with relevant companies, groups, and government institutions both domestically

and internationally to support efforts to open spaceports in Japan at the earliest opportunity.

It will also be working with companies involved in developing and operating space planes

and manned rockets taking off from the port, and striving to involve industries with no prior connection with space,

all with the aim of making Japan an Asian hub for the space travel business.

 
AIMING FOR

Space Port Japan が目指していること

 
ABOUT

一般社団法人 Space Port Japan

目的 Purpose

日本にスペースポート (宇宙港)を開港することをもって、広く日本の宇宙関連産業を振興します。

Promote the country’s aerospace and related industries on a wide scale by opening spaceports in Japan

主な活動 Main Activities

当法人が日本におけるスペースポートのハブとなり、以下の活動を行います。

SPJ becomes the hub of the spaceports in Japan and do the following activities.

など

  1. ビジネス機会の創出
    Creating business opportunities

  2. 国内外の関連企業および団体との情報交換および連携
    Collaboration with related companies and organizations in Japan and overseas

  3. 情報発信、勉強会やイベントの開催
    Providing information and holding study sessions and events

法人名:
英語名:
設立:
所在地:

一般社団法人スペースポートジャパン
Space Port Japan Association(略称:SPJ)
2018年7月

東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー23階

会員企業

正会員

ANAホールディングス株式会社

オリックス・レンテック株式会社

エアバス・ジャパン株式会社

株式会社大林組

鹿島建設株式会社

関西電力株式会社

株式会社クリーク・アンド・リバー社

サントリー食品インターナショナル株式会社

​シー・エス・ピー・ジャパン株式会社

株式会社商船三井

スカパーJSAT株式会社

株式会社スペーストゥデイ

大陽日酸株式会社

株式会社電通

東京海上日動火災保険株式会社

株式会社NIPPO

日揮株式会社

日本通運株式会社

日本テレビ放送網株式会社

東日本電信電話株式会社

丸紅株式会社

三井不動産株式会社

三菱地所株式会社

ヤマトホールディングス株式会社

有人宇宙システム株式会社​

(順不同)

賛助会員

株式会社OpenSky

株式会社オスカープロモーション

​株式会社カナリア

株式会社クラブツーリズム・スペースツアーズ

株式会社SPACE WALKER

株式会社スペースシフト

株式会社スペースドリーム

Space BD株式会社

テトラ・ アビエーション株式会社

PDエアロスペース株式会社

株式会社minsora

一般社団法人別府市産業連携・協働プラットフォーム B-biz LINK

茨城県

大分県

​国東市

​小松市

静岡県

大樹町

鳥取県

別府市

北海道

三沢市

静岡理工科大学 理工学部機械工学科 増田研究室

東京工業大学 生命理工学院 相澤研究室

他2社

(順不同)

 
MEMBER

創業メンバーのご紹介

山崎直子 Naoko Yamazaki

代表理事 Representative Director

photo_01.jpg

東京大学大学院工学系研究科修士課程を修了後、NASDA(現・JAXA)職員を経て、1999年、国際宇宙ステーション(ISS)に搭乗する宇宙飛行士の候補者に選ばれる。2010年4月、スペースシャトル・ディスカバリー号によるISS組立補給ミッションに参加。現在は、内閣府の宇宙政策委員会委員や大学客員教授などを務める。自らの宇宙飛行における訓練や運用に関する経験を踏まえ、本法人の代表を務める。

After graduating with a master’s degree from the University of Tokyo’s Graduate School of Engineering, Ms. Yamazaki joined NASDA (now JAXA) and in 1999 was selected as an astronaut candidate for the International Space Station (ISS), subsequently joining an ISS assembly and resupply mission aboard the Space Shuttle Discovery in April 2010. She currently serves as a member of the Cabinet Office’s Space Policy Committee as well as a visiting university professor, etc, and brings her own experience of astronaut training and space flight to the table as the Association’s representative.

理事

Director

青木英剛

Hidetaka Aoki

「宇宙エバンジェリスト」として、宇宙ビジネスおよび宇宙技術の両方に精通したバックグラウンドを活かし、宇宙ビジネスの啓発、民間主導の宇宙産業創出に取り組む。米国にて工学修士号とパイロット免許を取得後、三菱電機にて日本初の宇宙船「こうのとり」を開発し、多くの賞を受賞。宇宙ビジネスのコンサルティング等に従事した後、現在はベンチャーキャピタリストとして世界中の宇宙スタートアップを支援。内閣府やJAXAを始めとした政府委員会の委員等を多数歴任。一般社団法人SPACETIDE共同創業者兼理事。

As a “Space Business Evangelist”, Mr. Aoki has been working to promote the space business and create the private-sector-led space industry with his expertise in both the space business and space technology. After receiving a master’s degree in aerospace engineering and a pilot’s license in the U.S., he worked at Mitsubishi Electric, where he developed Japan’s first spacecraft, Kounotori, and won a number of awards. He now oversees investment activities for space and other deep tech startups as a venture capitalist. He also serves JAXA and government committees in his varied career.

理事

Director

片山俊大

Toshihiro Katayama

株式会社電通所属。セールスプロモーション、メディアマーケティング、クリエーティブ、コンテンツビジネス等、幅広い領域のプロジェクトに従事。その後、化粧品メーカー・総合電機メーカー担当営業を歴任。現在は「資源エネルギー」「インフラ輸出」「地域課題解決」「アート産業」「M&A」等の戦略テーマを扱っている。2015年からは、日UAE宇宙外交など、宇宙事業にも深く従事している。

Mr. Katayama works at Dentsu Corporation. At the start of his career, he was involved in a wide range of projects across areas such as sales promotion, media marketing, creative design, and content business. Following this, he worked in sales at a cosmetics manufacturer and a general electric machinery manufacturer. He currently handles such priority national strategy topics as petroleum and resource energy, SDGs, the Olympics, and infrastructure exports. Since 2015, he has also been deeply involved in the space business, taking part for example in Japan-UAE space diplomacy.

理事

Director

高田真一

Shinichi Takata

JAXA新事業促進部 宇宙イノベーションパートナーシップ(J-SPARC)プロデューサー。
修士号(航空宇宙工学)取得後、JAXA入社。ロケットエンジン開発、宇宙船「こうのとり」開発・運用、米国ヒューストンでの国際宇宙ステーション及び将来探査プログラム調整を経て、現職にて、民間との共創活動により、将来の宇宙旅行を見据えた新たな事業創出、そして新たな経済圏創造を目指す。

Mr. Takata is a J-SPARC (JAXA Space Innovation through Partnership and Co-creation) Producer at JAXA’s New Enterprise Promotion Department. After graduating with a master’s degree in aerospace engineering, he joined JAXA, first working on rocket engine development and then helping develop and operate the “KOUNOTORI” (HTV) spacecraft, as well as coordinating on the International Space Station and future exploration programs in Houston, Texas, USA. In his present position, he is striving to construct new businesses and economic spheres oriented toward future space travel through co-creation efforts with the private sector.

理事

Director

鬼塚慎一郎

Shinichiro Onitsuka

ANAホールディングス株式会社グループ経営戦略室所属、宇宙事業化プロジェクト・プロジェクトマネージャー。

大学卒業後、エアライン系商社にて航空関連サービスの新規事業開発や航空機ファイナンスの組成、物流コンサルティングなどを手掛ける。

現業では全社戦略の策定や特定領域における事業戦略実行支援、イノベーション関連投資、空港コンセッションなどに従事。

Mr. Onitsuka is a project manager of the New Space Business Development Task Project in the Group Corporate Strategy Office of ANA Holdings Co., Ltd. After graduating from university, he worked at an airline-affiliated trading company where he took part in developing new aviation-related services, aircraft leasing, and consulting on logistics matters, among other duties. His current responsibilities include formulating company-wide strategies, supporting the implementation of business strategies in specific sectors, promoting innovation-related investments, and arranging airport concessions.

理事

Director

新谷美保子

Mihoko Shintani

慶応義塾大学法学部法律学科卒業後、2006年弁護士登録(TMI総合法律事務所所属)。

専門分野は知的財産権、IT・通信、新規事業立上げ、リスク管理、宇宙法・航空法。2013年米国コロンビア大学ロースクール卒業後は、宇宙航空産業に複数のクライアントを持ち、民間企業間の大型紛争、宇宙ベンチャー投資、宇宙ビジネスにおける取引を含めた実務を多く扱う。

After graduating from Keio University Faculty of Law, Ms. Shintani became a registered attorney in 2006 as a member of the TMI Associates law firm. She particularly possesses expertise in aviation and space law, intellectual property rights, IT and communications matters, business startups, and risk management. In 2013 Ms. Shintani also matriculated at Columbia Law School in New York and upon graduation she has led a wide range of cases for multiple clients in the aerospace industry, including major disputes between private companies, space venture investment, and space business transactions. 

理事

Director

田口秀之

Hideyuki Taguchi

東京大学大学院修士課程修了。博士(工学)。三菱重工業において、ロケットエンジンの設計に従事。

NAL(航空宇宙技術研究所)を経て、JAXAにおいて、太平洋を2時間で横断できる「極超音速旅客機」の研究を実施中。離陸からマッハ5まで連続作動する極超音速エンジンの運転実験に成功(世界初)。自分が設計したスペースプレーンに乗って宇宙に行くことが人生の目標。

Dr. Taguchi graduated from the graduate school of The University of Tokyo. He worked on space propulsion research at Mitsubishi Heavy Industries, and the National Aerospace Laboratory of Japan (NAL) . He is now working at JAXA conducting research on hypersonic passenger airplanes, which will be able to cross the Pacific Ocean in two hours. He is leading the world’s first successful operating tests of the hypersonic turbojet engine, which is capable of continuous operation from takeoff to Mach 5. His goal in life is to travel into space by a space plane designed by himself.

concept_bg_sp.png
pdf_button.png
concept_bg.png
pdf_button.png
 
ACHIEVEMENT

主な活動実績

2020

09.11

SPJの会員で有翼型サブオービタル機の開発を行うPDエアロスペース社が、沖縄県と下地島空港宇宙事業に関する基本合意を締結致しました。Space Port Japanは国内における宇宙港整備とその実現に向け、引き続き必要な支援を行って参ります。
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/630222

2020

07.17

安倍総理も出席された第41回未来投資会議にて成長戦略実行計画案がとりまとめられ、「宇宙旅行や小型衛星の空中発射等への活用が期待されるサブオービタル飛行について、2020年代前半に事業化を目指す民間企業の動向を踏まえ、新たな宇宙ビジネスを展開するための制度環境整備を進める」と記載されました。引き続き政府等の関係者と、実現に向けて取り組んでいきます。
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/dai41/siryou3.pdf

2020

07.14

「サブオービタル飛行に関する官民協議会」#2が開催され、代表理事の山崎が委員として参加し、スペースポートに関する海外動向について説明を行いました。
https://www8.cao.go.jp/space/policy/suborbi/dai2/gijisidai.html

2020

04.02

SPJの会員である大分県と米Virgin Orbit社は、大分空港でのスペースポート開港、小型衛星の空中発射に向けた環境整備を進めるため、提携を結びました。Space Port Japanは国内候補地の選定などを支援してきましたが、引き続き実現に向けて協力していきます。
https://virginorbit.com/oita-partners-with-virgin-orbit-to-establish-first-horizontal-spaceport-in-asia/
http://www.pref.oita.jp/soshiki/14270/spceport00.html

https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2020/04/03/JD0059114223

2020

03.30

宇宙政策委員会にて、次期宇宙基本計画(案)が承認されました。
「スペースポート」と「P2P(Point to Point:⼆地点間輸送)」については今回初めて記載されることになりました。引き続き政府等の関係者と連携に取り組んでいきます。

https://www8.cao.go.jp/space/comittee/dai87/gijisidai.html

2020

02.20

ハーパーコリンズ・ジャパンから発売された、ビジネス書『アートシンキング 未知の領域が生まれるビジネス思考術』(エイミー・ウィテカー著・電通 京都ビジネスアクセラレーションセンター編)で、Space Port Japan(SPJ)が紹介されました。

https://dentsu-ho.com/articles/7146

2020

01.15

「文部科学省・宇宙開発利用部会・将来宇宙輸送システム調査検討小委員会」に、Space Port Japan(SPJ)代表理事の山崎が委員として参加し、再使用型宇宙輸送システムを含む将来宇宙輸送システムについて、議論を重ねてきています。

https://www.mext.go.jp/kaigisiryo/mext_00040.html

https://www.mext.go.jp/kaigisiryo/content/000036413.pdf

2019

12.13

第21回宇宙開発戦略本部(本部長:安倍総理)が開催され、宇宙基本計画工程表が改訂されました。総理からは、「国内では、新たな宇宙ビジネスに挑戦するベンチャー企業等の取組が活発となっています。2020年代前半に我が国でサブオービタル飛行を事業化する動きも出ています。内閣府と国土交通省を中心に、その実現に必要な制度整備を加速するなど、新しい宇宙ビジネスを育てる環境づくりを進めてください。」とのご発言がありました。

https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201912/13uchu.html

2019

06.26

「サブオービタル飛行に関する官民協議会」においてSpace Port Japan(SPJ)が構成員となり、理事の青木が参加しました。環境整備に向けて引き続き取り組んでいきます。

https://www.mlit.go.jp/report/press/kouku01_hh_000097.html

2019

06.06

会員であるANAホールディングスが、Space Port Japan(SPJ)と連携し、ヴァージン・オービットとのパートナーシップを発表しました。ヴァージン・オービットの日本におけるサービス開始に最適な打ち上げ場所の選定に向けてSPJも協力し、日本がアジアにおける宇宙輸送ハブになることを目指します。

https://www.anahd.co.jp/group/pr/201906/20190606.html

2018

11.17

Space Port Japan(SPJ)がNewsPicksで特集されました。

https://newspicks.com/news/3466681/body/
https://newspicks.com/news/3466683/body/

CONTACT US

お問い合わせ

 

Copyright 2018 - © Space Port Japan. All Rights Reserved.